「外れにくいロック式のピアスキャッチを作ろう!」
って思ったときに、
同時に「きっと今までも、この問題にチャレンジした人はいるはずだ」って思った。
  
可能性があるように見えるのにまだ開拓されていない市場というのはざっくり2種類あって、
1)誰かが今までもチャレンジしたけど続かなかった
2)まだ誰も気づいていない、チャレンジしていない問題
  
正直、5000年もピアスの歴史があって、よく無くしたっていう声は聞いていて、まだこの問題に気づいてないってことはないだろう。
つまり、
問題に気づいてはいるけど、きっとチャレンジした人もいるけど、
きっと何らかの理由で続かなかったんだ。
  
じゃ、どうして続かなかったんだろう。

「そもそも市場がないから」
そんなはずはない、だってわたし欲しい。
「問題解決の方法に問題があった」
だったら、わたしならどんなものが欲しい?
   
どうやったらこの問題の根本的な解決ができるんだろう。
そのためには、わたしがユーザーとして一番欲しいものを作らないとダメだ。
市場の声を聞いてとか、調査をしてとか一切不要。
わたしが、自分が一番ほしいものを作る。
それだけだ。
 
まず、よくありがちなのは、
ジュエリーメーカー自体が外れにくいピアスを開発するという点。
そうすると、「自社のピアスが外れにくくなること」=それがメリットとなってお客様に選ばれるということになるので、そこをゴールに開発をする。
しかし、ジュエリーはデザインや世界観で買うもので、機能があるからだけでは選ばれない。もちろん、デザインの上に機能があるというのは魅力だ。
「自社の」という点でいうと、根本解決には繋がりにくく、
「その会社には外れにくいピアスがある」というのを超えない。
 

ユーザーとして、なにがほしい?

「自分が好きなデザイン、メーカーのピアスを自由に安心してつけたい!!」
 
そうすると、どんなピアスにも対応し、ロックすることができる。
ということが必要になる。
どんなピアスにも対応するってどういうこと?
と思っていたら、とても大事なことに気付いたのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です